HOME平屋「COVACO」の建築レポート☆~vol.1~

スタッフブログ

2019.06.10 NEW

今回は、福津市にて建築中の平屋「COVACO」の基礎工事の様子をお届けいたします

基礎工事は家づくりの土台となる、とても重要な部分です。
そこで、初回のレポートではどのような作業工程があるのかを
配置出し→地盤改良工事→配筋工事→土台敷の流れで、写真とともにご紹介したいと思います

まずは配置出し↓(建物を建築する位置に印つけます。草に埋もれてますが白い紐がうっすら見えますか?!)


そして地盤改良工事↓(白い丸模様が円柱杭です。建物を安全に支えるために強化工事を行います)

いよいよ着工!什器も入りまずは砕石↓↓(細かく砕いた石を敷地に敷き地面を転圧して地盤を固めます)

そして配筋~配筋検査(鉄筋を組み、配筋検査が行われまます)

配筋の上にコンクリート打設↓↓(基礎の外周にコンクリートが漏れないように型枠を組みます)

ついに基礎完成!!(基礎コンクリートの上に土台や大引を設置していく土台敷きの作業に進みます)

 

地縄を張ってから基礎が完成するまでは、通常1ヶ月半ほど。以上!簡単ですが基礎工事のご紹介でした

ちなみに福津市は、住みよさランキング九州・沖縄・山口で2年連続1位!

人口増加率は、東京都中央区に次いでなんと全国2位だそうです。

自然豊かで、交通の便に恵まれた福津市。最近では福岡市のベッドタウンとしての位置づけが強まっていますね。

無垢木をふんだんに使用したCOVACOは、緑豊かなこの風景に溶け込む様な素敵なお家になるはず。
完成が今からとても楽しみです。 建築レポート!vol.2も随時更新いたします♪

次回は、太陽光が稼ぐ家「ソーラーリッチハウス」の現場をお届け予定です♪乞うご期待下さい